上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/26(土)
伯耆大山山系・三鈷峰西壁γ(ガンマ)ルンゼ
メンバー:チャー・沢グルメ・みっちぃ・綾吉

2/25(金)の夜20時頃福岡出発⇒AM2:00過ぎ?桝水スキー場駐車場着
とりあえず、速攻でテント立てて2時間だけ仮眠(-_-;)
で、4時過ぎにゴソゴソ起き出して、朝食食べて準備。
途中、道路が積雪で通行止めの為 大山寺まで迂回路を通って向かう。 
行動開始は6時半過ぎくらいだったか、もうヘッデンもいらない明るさでした。

今回は雪の状態がイイ感じで、これくらいの傾斜ならアイゼンなしで 冬靴のエッジがバッチリききました◎
これくらいならアイゼンなしで

ダブルで快適にルンゼ登行中の兄貴達3人衆
ちなみに・・・
チャーさん=灰色メットに黄色上着
沢グルメさん=白メットに青色上着
みっちぃさん=黒メットに黒色上着
綾吉=白メットに赤色上着
ダブルで快適にルンゼ登攀中

プチ氷爆が出てきました!
ちらりとスパイスのきいた登攀部分(ちょっとだけど)
さぁ・・・誰がリードするのか?
この時ちょっとした出来事がありまして・・・
プチ氷爆だ!

チャーさんがリードで サクッと抜けられました◎
ここはザイルをだしてスタカット(1ピッチのみ25mくらい)
チャー・綾吉・沢グルメ・みっちぃの順番で抜けます。
チャーさんリード♪

で、プチ氷爆抜けたらザイルを外して、ルンゼ終盤を詰めて行きます。
傾斜がさらに立ってきたし岩稜帯も出てきました。
急傾斜

僭越ながら、氷爆抜けた順番により綾吉がトップを行かせて頂いてます。
稜線(縦走路)は目の前で 太陽も当たり始めてるせいか 雪の状態もあまり良くない(^_^;)
ダブルアックスを慎重に 且つしっかり効かせ、凍ってるとはいえ 非常に脆い岩稜帯。 
落石させないよう細心の注意を払いながら・・・・
綾吉リードでスミマセン!

稜線に抜けたら、すぐに三鈷峰山頂!
山頂標識もかなり雪に埋まってます♪
三鈷峰山頂

快晴の山頂を4人占めして、ちょっと休憩で軽く食べたり飲んだり。
兄貴達は北壁を見つめながら、「あそこは~だった」「今度は~」等々盛り上がってます。
ん?10時??まだ時間早いなぁ~・・
北壁眺めて盛り上がる兄貴達

って事で、快晴の中 ユートピア小屋を経て 主稜線縦走する事に♪
明日の下見も出来ますしね◎
ユートピア小屋を経て・・・

風も適度で 寒くもない。気持ちイイなぁ・・・
主稜線

でも、ちゃんと日焼け止塗っとかないと 大変なことになります(笑)
快晴の中主稜線縦走

痩せ尾根や ステップが微妙なとこは 慎重に慎重に・・・・
って、ビビリ過ぎの綾吉でしょうか(^_^;)
今回はノーザイルで抜けましたが 雪の状態でずいぶん違ってきます。
ビビリ過ぎ?

明日は、さんらく会の仲間達と チャー隊長のもと弥山から主稜線縦走予定。
下見もバッチリ、核心部?のザイルの打ち合わせもOK!
シュリョウセン サンコホウヨリ

夏道下山中には 別山バットレスを登攀していた知り合い3人組(T・T・S)が
まもなく縦走路という場面が見えるので、にエールを送ると 手を振ってくれるヽ(^o^)丿
別山バットレス・・・いいなぁ・・・行ってみたい!

2時間の仮眠で 下山まで7時間行動(^o^)
今シーズン 初伯耆大山でしたが とても充実した山行でした♪
メンバーのみなさん、ありがとうございます!!

沢グルメさんのレポートはこちら!

みっちぃ氏のレポートもどうぞ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ayakichi2010.blog136.fc2.com/tb.php/22-0535fd94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。